GLIP Fab

GLIP Fabは、3Dプリンターや電動工具を活用し、クイックにものづくりをすることができるプロトタイピングスペースになっています。 私たちの業務はサービスの企画やアプリケーションのデザイン・開発といった領域が多いですが、車載器などハードウェアと一体で検討することで、よりよい体験やインタラクションを提案できると考えています。

  • 実験・研究

Overview

ものづくり・プロトタイピングスペースを開設

GLIP Fab(グリップ ファブ)とは、3Dプリンターや電動工具を活用し、架空のものではなく、実際に製作してみることによって、クイックにものづくりをすることができるプロトタイピングスペースのことです。

01

機材の紹介

GLIP Fabに用意した機材を一部紹介します。

  • 3Dプリンター:Anker Make M5

  • レーザー加工機:Etcher Laser Pro

  • バンドソー

  • ベルトサンダー

  • フライス盤

  • その他ツール類

  • 02

    今後の展望

    GLIP Fabは2023年度上期に開設され、下期から本格的に運用開始予定です!

  • 機材ごとのマニュアル整備

  • 機材初回講習の企画

  • ワークショップの企画

  • パイロットプロジェクトでの活用

  • 将来的には、社員一人ひとりが必要と考えたものを、素早くプロトタイピングできる環境の実現を目指しています。これにより、社内のクリエイティビティやものづくりの機運が刺激され、新たなアイデアやプロジェクトが生まれやすくなることを期待してこのスペースを作りました。

    手を動かしながら考えるプロトタイピング思考を養成し、社内外の協力や共創を促進する場として、工作スペースは多様な価値を提供することを目指しています。

    GLIP Fabは、3Dプリンターや電動工具を活用し、クイックにものづくりをすることができるプロトタイピングスペースになっています。 私たちの業務はサービスの企画やアプリケーションのデザイン・開発といった領域が多いですが、車載器などハードウェアと一体で検討することで、よりよい体験やインタラクションを提案できると考えています。

    カジュアル面談の
    相談はこちら

    Apply here for a casual session
    with TC designers!